ウエイト取替

先日籾摺機を売ったお金で、GL337のフロントウエイトを中古で某所で購入しました。
もう十数年前からウエイトが割れてみすぼらしい姿でした。




古いウエイトは4kgで、新しいウエイトは12kgです。
肉厚が違います。
H29112-4.jpg



気になっている部分が解消されて気分がいいです。
H29112-6.jpg



グッと引き締まった感じがします。
H29112-7.jpg

KL53Z オイル交換

稲刈りも終わり、これからバリバリ稼働してもらうためオイル交換します。



車高が高いから楽。
H2999-2.jpg


HST用のオイルも交換します。
H2999-3.jpg


オイルとフィルター合わせて約10万円。
量が多いと高くつきます。

バンプラバー

分かってはいたことなんだよ。でもね、人は欲深きものだからさ。

両立なんてできないってわかってたよ。でもね、すごく不快なんだよね。

何がって、当たり前なんだけど、車高さげてから乗り心地がね、悪いの。想像以上に。

で、シュピーゲルのバンプラバーにて対応しようと購入しました。



バンプラバーも一緒に交換したのにもう劣化が始まってる。
H2999-7.jpg


純正は指定通りに15mmカットしています。シュピーゲルはそれよりも少し長め。
H2999-8.jpg


今回は横着して、ジャッキアップのみで交換しました。
H2999-9.jpg



効果は、少しマシになったかな。

純正に近いモンスタースポーツ製でこの乗り心地なら、その他の社外品はどのような乗り心地なんだろうか。もっと突き上げとかすごいんだろう。

2号機修理   その後・・・

かなーりの日数があきましたが、L1-215の復旧作業ですが、結論は『ドナドナ』することにしました。

ラジエターの漏れ修理見積もりが約4万円。

で、年間の使用時間はというと1~2時間程度。

そうほとんど使っていないので、親父殿と相談し手放すことにしました。

で、ラジエターを元に戻します。




後は逆の手順で組み立てれば復旧完了です。
H29929-2.jpg




さて、ここからが今回のお話。

この30年以上前のトラクターをどこにドナドナするか。稼働時間は1,650時間。

車に例えれば買取はおろか、処分費用を請求される代物です。



が、農機具や建機は輸出という事業が最近収益率が良いらしいのでネットやチラシでもよく見かけます。

買取金額もまずまずのハズ。

ネットを使えば6社7社は買取店がヒットします。



いろいろ悩みましたが、今回はKL53Zを購入したお店にお願いしました。

洗車せず、ラジエターオイル漏れ、エンジンオイルも少々漏れで、買取価格は23万円がつきました。

車と同じで、ディーラーへ出すよりよっぽど効率が良いです。

籾摺り機購入金額が少し回収できました。




ちなみに古い籾摺り機は隣の市の買取屋で1万でした。

こちらの1万円は別用途に使用します。

楽しみが増えた。ふふふ・・・・。

オイル交換

オイル交換実施中。



今回も広島高潤を使用します。
プロフィール

chambon

Author:chambon
ど田舎に生息し、幼少より農作業を仕込まれております。
バイク、車、農機具等整備しますが基本的にめんどくさがり屋のため、行動のエンジンがかかるまで時間がかかります。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる