2号機

うちの2号機。名機 『L1-215』



ただいま、ラジエターからの冷却水漏れ修理中。
まだまだ使うぞ。


ちなみに1号機は2WDのL2202でした。
なつかしの煙突マフラー!!

こんなうやつでした。
H29918-9.jpg


スタックしかけるとよくオトンがウイリーしながら脱出してた記憶がある。

進化する○○

今年、籾摺り機が新型になりました。理由は・・・。



揺動板のところにLEDが。以前は自前で照明をつけていました。
H29918-6.jpg


さらにUSBポートまであるやん。
H29918-5.jpg


ロール自動調整中。
H29918-3.jpg


この画面に沿って操作すれば間違いはないでしょう。
H29918-4.jpg


作業中はこの画面です。
H29918-7.jpg


トラクターやコンバインだけでなく、調整機器も進化してますね。付加価値を付けないと売れないということかな。

藁取り

本日は藁取りのため、AR90をリースしています。



うちで一番大きい5反の圃場。
これくらいあると、6条の威力発揮です。

実演機

昨日、東海近畿クボタよりおろしたての実演機(自動車に当てはめると試乗車)を持ってきてくれました。



アワーメーター25.4時間のおろしたて。刈取りヘッダーの静かなこと。
畦際なので立って操縦してますが、AR以降は座っての作業でもデバイダの先端が見えるので自分はキャビン以外でも座る派です。
H2999-13.jpg



で、インプレッションですが、なんと言えばいいのかフィーリングが合いませんでした。

HSTレバーがとにかく重い。乾いた圃場なら旋回時のキックバックでさらに負担増。速度制御があればサーボモータでアシストがあるんでしょうが・・・WRには無いので。
そしてステアリングレバーも激重!。もげるんじゃないかというくらい倒さないとブレーキターンに移行しない。
うちみたいに小さな圃場の刈取りばかりだと相当疲れそうです。使ってるR1-401以上かも。


車体水平、こぎ深さ、刈取りオート停止以外の自動制御一切なし。
自動速度制御がないと疲れてきたときに刈取速度にムラが出るので僕には必須です。HSTレバーを躊躇なく全速方向へ倒せる方は問題ないんでしょうが、視覚、音、振動、におい、手に伝わる感覚で稲刈りするには情報が少なく感じます。


でもって籾満量アラーム。ピピっと鳴って、メータの赤いライト点灯のみなので、気が付かずに刈取するとえらい目をみそう。おそらく満杯のアラームはあるんでしょうが。


6反試乗しての感想はやっぱり合わない。ARNの簡素版ではなく別物。5・6条はどうかわかりませんが。


別に悪いとは言ってないんです。自分とは合わないだけです。


自動制御に慣れきった軟弱者の意見ですので、どうぞお気を悪くしないでください。


営業の方も『ER乗った経験があるなら物足りないでしょう?』と言われましたが、素直に『物足りないんじゃなくてフィーリングが合わないです』と伝えました。そしたら『次はER持ってきます!!』と笑顔で言われました。


営業の方もわかっているんでしょうね。


で、おまけですが親父殿も試乗されましたが、これはサイズ的に使いこなせんと言ってました。


えっ!!。高速4条乗れないならER467買えないジャン。

大穴!

籾の硬さはすごい。
鉄でも穴を空けちゃうんだもん。



こぎ胴の中籾でいっぱい。
だからバランスくるって恐ろしい程に振動してたんだ。
籾を抜いたら、まぁスムーズに回ること。


穴は金属パテで補修しました。
プロフィール

chambon

Author:chambon
ど田舎に生息し、幼少より農作業を仕込まれております。
バイク、車、農機具等整備しますが基本的にめんどくさがり屋のため、行動のエンジンがかかるまで時間がかかります。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる